| TOEIC完全解説 トップ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

TOEIC 第144回 2009年1月11日 Form 4FIC2

(本ブログの英文は実際使われたものとは違いますが、問われているポイントはそのままです。解答速報ではありません。)


リーディング 3


Part 6の中から一番面白かったものを。

<面接後に出された礼状>
Thank you very much for your informative (description) of the work.
After (talking) with you, I believe that I am eligible for the position.
Now that I (have had) a chance to meet you and lean your company, I am more enthusiastic about the position

[直訳]
ありがとうございました、仕事についての詳しい説明を。
お話をさせていただいてから、自分は確信しています、その職に適任であると。
いまや、お会いする機会をいただき、御社について知っていますので、その職により興味を持っています。
informative description詳しい説明
※ descriptionは何かについての「詳しく説明・描写」job description(職務説明書)という表現を知っていれば、より簡単に解答できただろう。

After talking with youあなたと話した後)
TOEICで問われるAfterは前置詞または接続詞。よって後ろに続くのは「名詞」または「主語+動詞」
この場合Afterの後ろには、働きの上で「名詞」に相当する「動名詞」が続いている。
接続詞として使うなら、After I talked to youとなる。

Now that I have had a chance to meet you and learn your company…
(誤答)have, had had, had, will have

Now thatは「いまや~なので」という意味で接続詞的に働く

面接後の礼状なので、書き手は当然すでに相手に会う機会(a chance to meet you)を得た後である。have hadとhadで迷うが、通例Now thatの節の動詞と、主節の動詞は時制がそろっている必要があるので、hadは不可。現在形haveは「今あなたに会う機会がある」という意味になり、会うのがこれからになってしまうので不可。未来を表すwill haveも当然不可。残る誤答は過去完了のhad had。過去完了は過去のある1点までの出来事や状態を表す。この文章の場合、過去の出来事は「インタビューを受けたこと」であるが、それより更に前に「あなたと会う機会があった」とするのは意味不明である。
この問題、「接続詞andは等しい関係のものを繋ぐので、have had(現在完了)とlean(現在形)を繋いではいけないのではないか?」という疑問を持った人がいたかもしれないが、前者は「あなたとすで会った」という現在の状態、後者は「あなたの会社についてすでに聞いて知っている」という現在の状態を表しているので問題はない。


本日はここまでです。続きはまた今度。


このブログが役立ったと思ったら、クリックで応援していただける嬉しいです。
Click! 20070401012200.gif  
Click! e_03.gif

2009.01.15 | TOEIC 第144回 '09/01/11 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。