| TOEIC完全解説 トップ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「3月25日の問題で、participateとattendで迷う問題があったが、どちらが正解か?」との質問をいただきました。


participateattendを選ばせる問題があり、自分がparticipateを選んだことは確かですが、内容がよく思い出せません。記憶している限りでは、

「時間外労働したい」or「経験のために何らかの活動に参加したい」人たちに向けての、
「興味があれば○○さんに連絡をとってください。」

という趣旨のメッセージが問題文となっていました。
そして「興味があれば」の部分が次のような問題になっていました。
・・・(連絡をとってください), if you are interested in ( ).
(a) 失念 (b) 失念 (c) participating (d) attending


このように動詞(この場合は動名詞であるが)を選択する問題で決め手となるのは、主に以下の3点です。


(1) 目的語に動名詞をとるか、不定詞をとるか
(2) 自動詞か他動詞か
(3) 意味


今回は空欄の動詞が目的語をとっていないので、(1)は使えません。
では(2)の「自動詞、他動詞」にこだわり、今回は目的語がないので自動詞の方を選べばよいのでしょうか?確かに多くの場合participateは自動詞、attendは他動詞として用いられるのですが、それだけの理由でparticipateを選ぶのは、決め手不足です。他動詞の多くは目的語が明らかな場合、それを省略して自動詞として用いることができるからです。自動詞・他動詞、両方の用法があるにも係わらず、それを決め手に答えを選ばせるような問題は「悪問」であり、TOEICがそのような問題を出すとは思えません。

となると、残るは(3)の「意味」です。そもそも、attendとparticipateはどのような意味の違いがあるのでしょうか?
自分が学生の時の、ある授業を思い出しました。英語で行われていた授業である。初回のオリエンテーションで、成績のつけ方について「テスト30%、レポート50% 、participation 30%・・・」と基準を説明していく際、先生は “participation, not attendance...”と強調されました。そして、attendanceは “just being there” だと。単に教室にいればいい(attend)のではなく、授業に参加(participate)しなければならないのだと。
この意味の違いこそが、この問題でparticipateを選ぶ決め手となるのです。
どのような労働/活動に参加するのであったか、問題文はよく思い出せませんが、そこに「いる→出席する」のではなく、その活動/労働に「参加する→係わる」ことを意味していたのは確かです。

ちなみにattendの自動詞の用法に「精を出す」というものがありますが、これは基本的に「(今行っていることに)精を出す」という意味で用いるので、これから新しく参加者を募るような文脈にはやはり適しません。

participateとattendについては、次のエントリーで更に詳しく述べます。

20070401012211.gif

2007.04.02 | TOEIC 第129回 '07/03/25 | トラックバック(-) | コメント(2) |

この問題、2ちゃんでも結局明確な答えは出ていませんでしたね。
interested in attending でgoogle検索すると、たくさん使われているようです。TOEICの問題同様、目的語が無い文もありました。

2007.04.08 06:20 URL | 匿名さん #- [ 編集 ]

ご指摘のとおり、attendは目的語なしでも用いられます。
すなわち、この問題は「自動詞 or 他動詞」で解答できる種類のものではないのです。

では、なぜ"interested in attending"という表現がGoogleででたくさん検索されるにもかかわらず、participateが正解になるのか!?

これについては、説明足らずだったかもしれませんので、次回のブログのエントリーで、もう少し詳しくお話します。
どうも、ありがとうございました。

2007.04.08 20:22 URL | kk(管理人)@TOEIC完全解説 #xw27v.Lk [ 編集 ]












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。