| TOEIC完全解説 トップ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

フィギュアスケートにはまってしまいました。

YouTubeで色々と動画を漁っていました。
ISU(国際スケート連盟)の役員(*)が、なぜキム・ヨナが浅田真央に勝ったかについて語っています。

*YouTubeの動画照会文より。未確認情報です。

この中で "count" という単語が何度もでてきますが、ここでは「重要である、価値がある」という意味の自動詞として使われています。「数える」ではありませんので、ご注意を。類義語はmatter(重要である、問題になる)です。



フィギュアのことはよく知らないが、本当に彼がISUの役員であるのなら、Dont' worry about Triple Axel.なんて言ってもよいのか?
この動画は前後が切れているので、別の文脈の中で述べているのを、意図的に編集してあるのかもしれない。
何かが不自然だ。

英語全文と日本語訳は「続き」から。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト

2009.03.31 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |

浅田真央さんを応援していましたが、残念な結果となりました。でも真央さんは、挑戦することから決して逃げない、強い女性だと思います。

優勝したキム・ヨナ(Yu-Na KIM)さんは、スケートはもちろん最高の出来だったのですが、英語もすごく上達していました。

ショートプログラムを終えた後の英語でのインタビューで、インタビューアはこのように賛辞を述べています。

"Clean is one thing, but that was something else."

(動画16-18秒付近)


直訳すると「クリーン(に滑ること)も1つのことだが、さっきの演技は別のモノだった」となります。
大げさに訳すと「クリーン(に滑ること)も大切だが、さっきの演技は歴史に残るほどの名演技だった」といったところでしょうか。
接続詞のbutが使われているので、もちろんbut以下が重要になってきます。


似たような表現に
A is one thing, (and) B is another.(AとBは別物である。)
があります。
AとBが異なる物だと、並列に述べる表現です。

(例)Having a dream is one thing, ignoring the reality is another.
夢を抱くのと、現実から目を背けるのとは、別のことだ。



(インタビューの全英文と日本語訳は「続き」から)

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2009.03.30 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |

Japanese Superstar Utada Makes American TV Debut

宇多田ヒカルさんが、今朝KTLA Morning News(LAのローカル番組)に出演されました。
意外にも、彼女がアメリカのTVで生歌を披露するのは、これが始めてだそうです。
KTLAの公式サイトで、短いインタビューとCome Back to Meのライブパフォーマンスが見られますので、英語の練習がてらどうぞ。(動画がいつまで見られるかは、知りません。)


utada.jpg
KTLA Morning News Utada Live Performance






このブログが役立ったと思ったら、クリックで応援してください。Thank you!

→ Click! e_03.gif
→ Click! にほんブログ村 英語ブログへ

2009.03.25 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |

TOEIC 第145回 2009年3月15日 Form 4FIC5

(本ブログの英文は実際使われたものとは違いますが、問われているポイントはそのままです。解答速報ではありません。)


リーディング4


Part 5
「仮定法」と「be to不定詞」が出題されていましたね。
今日は、仮定法を解説します。

【仮定法】
TOEICで問われるのは、仮定法現在、仮定法過去、仮定法過去完了です。
今回出題されたのは、仮定法過去完了でした。
まず、これらの使い分け大丈夫でしょうか?

えーっと、仮定法はifを使うあれでしょ?
仮定法現在は現在のことで、仮定法過去は昔のこと?
じゃ仮定法過去完了はもっと昔のことか!?大過去だっけ?


と考えているようでは、めちゃくちゃです。

仮定法は「物事を事実としてではなく、仮定として述べること」です。
例えば「彼女がいます」というのは事実ですが、「彼女がいたら、(アンナコトやコンナコトができるのに)なぁ」というのは仮定です。

現在、又は、これからの事を仮定するときには「仮定法過去」を使います。
この「仮定法過去」とは「過去形をつかいなさい」と言う意味であり、決して過去形のことを述べているのではありません。誤解のなきよう。

I have a girlfriend.(彼女持ちです。)というのは現在形ですよね。
もし「彼女がいたら、(アンナコトやコンナコトができるのに)なぁ」と言いたいのに、I have a girlfriend.と言ってしまったら、ただの嘘つきです。事実でないことは事実でないと分かるように、現実とは距離を置いて述べる必要があります。現在と距離を置くには、過去形を使えばいいのです。そういう訳で、現在の仮定を過去形で表しているのです。

過去のことを仮定したければ、過去と距離を持たせるために過去完了<had + 過去分詞>を使います。

You are here.(君が今ここにいる。)
※ 事実
I wish you were here.(君が今ここにいればなぁ。)
"You are here."(今ここに君がいる)状態を仮定している。areを過去形にした、仮定法過去。
I wish you had been here.(君があの時ここにいてくれたらなぁ。)
"You were here."(あのとき君がここにいた)状態を仮定している。wereを過去完了<had + 過去分詞>にした、仮定法過去完了。

上ではI wish(~だったらなぁ)という表現を使いましたが、普通何かを仮定するのは、かなわない願望を述べる時や、「もし~だったら・・・」という空想や妄想をする時です。ゆえに、I wish や ifが仮定法の文章で使われることが多いのです。
※ 仮定法でIfを使うときは、主節(ifが付いていないほうの節)には助動詞のwould/could/mightが入ることもお忘れなきよう。

You are here. I can hold you.(君が今ここにいる。僕は君を抱きしめられる。)
※ 事実
If you were here, I could hold you.(君が今ここにいれば、僕は君を抱きしめられるのに。)
※ 現在に対する仮定。主節には<助動詞の過去 + 原形>が使われている。
If you had been here, I could have held you.(君があのときここにいれば、僕は君を抱きしめられたのになぁ。)
※ 「あの時」という過去を思い出しながらの空想。主節には<助動詞の過去 + have + 過去分詞>が使われている。


では、最後に理解度を確認するクイズです。

1. If I ______ free yesterday, I could have gone out with my girlfriend.
A. am B. was C. were D. had been

2. If he were here, he ______ us clean this room.
A. helps B. can help C. could help D. could have helped

3. If my son had passed the exam two years ago, he ( 2 ) a sophomore in college now.
A. is B. were C. would be D. would have been


答えは「続きを読む」から。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2009.03.23 | TOEIC 第145回 '09/03/15 | トラックバック(0) | コメント(0) |

TOEIC 第145回 2009年3月15日 Form 4FIC5

(本ブログの英文は実際使われたものとは違いますが、問われているポイントはそのままです。解答速報ではありません。)


リーディング3&リスニング2


Part 3, 4, 7

Part 3, Part 4 & Part 7は、基本的には知識そのものを問う問題ではありませんので、答えは必ず聞いたこと・読んだことの中にあります。
では、なぜ答えられないのか?答えられない原因の一つとなるのが、パラフレーズ(言い換え)があります。
今日はこれらをいくつかご紹介します。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2009.03.20 | TOEIC 第145回 '09/03/15 | トラックバック(-) | コメント(2) |

TOEIC 第145回 2009年3月15日 Form 4FIC5

(本ブログの英文は実際使われたものとは違いますが、問われているポイントはそのままです。解答速報ではありません。)


リーディング2


Part 5 (2)
品詞系の続きです。
前置詞と接続詞。

【前置詞】

まず、意味的・動詞との関連で答えられるものが3問。

You should be prepared for~(~に備えておく・準備をしておくべきだ)
※ forは「目的」や「備え」を表します。get ready for~(~の準備をする)のforも同じ意味ですね。

The chef transforms simple ingredients into fine meal.(そのシェフは簡素な素材を素敵な食事に変える。)
※ intoは「変化」を表します。
The prince turned into a frog.という文を読めば、たとえturnの意味を知らなかったとしても、王子様がカエルに「変化」したことはわかります。

You should keep all receipts in order to be reimbursed by the company.(会社から払い戻しを受けるためには、領収書を全て残しておかねばならない。)
※ be reimbursed(払い戻される)が受動態。受動態の動作主は<by~>で表します。受動態にさえ気付けば、すぐに答えられたはず。


次に、形で答えられるものが2問。

The road is closed because of repairs being made.(補修が行われているため、その道路は閉鎖されている。)
※ うろ覚えです。空欄の後ろが名詞だったので、because ofを選んだように記憶しています。repairsか、或いはrepairingだったかもしれません。

near 名詞(<名詞>
の近くに)
※ closeという選択肢がありましたが、closeの場合は後ろにtoが必要です。
I live near my college. / I live close to my college. (わたしは大学の近くに住んでいる。)

それでは、次は接続詞です。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2009.03.18 | TOEIC 第145回 '09/03/15 | トラックバック(-) | コメント(0) |

TOEIC 第145回 2009年3月15日 Form 4FIC5

(本ブログの英文は実際使われたものとは違いますが、問われているポイントはそのままです。解答速報ではありません。)


リーディング


【難易度】(主観的な判断)
Part 5: やや易~標準
Part 6: 標準
Part 7: 標準

Part 5
まずは品詞系からいきましょう。
今回は、副詞がたくさん出題されました。
副詞は文中の色々な場所に入る厄介な奴ですが、色々な品詞の中から副詞を選ばせる問題は、以下の「副詞が入る場所」を押さえればほぼ秒殺できます。副詞は語尾が-lyで終わるものが多いので、品詞の見分けが苦手な人にも、とっつきやすいはずなのです。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2009.03.16 | TOEIC 第145回 '09/03/15 | トラックバック(0) | コメント(0) |

TOEIC 第145回 2009年3月15日 Form 4FIC5
(本ブログの英文は実際使われたものとは違いますが、問われているポイントはそのままです。解答速報ではありません。)


リスニング
【難易度】(主観的な判断)
Part 1: 標準~やや難
Part 2: 標準
Part 3: 標準
Part 4: やや易

Part 1

1つ完全には聞き取れない選択肢があったので、「標準~やや難」としました。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2009.03.15 | TOEIC 第145回 '09/03/15 | トラックバック(-) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。