| TOEIC完全解説 トップ |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

同意・類義表現

miss と fail to attend
concern と worry
concentrate と pay attention
drawn to と attracted to

特にひねった同意・類義表現はありませんでした。
最後の"be drawn to A"「Aのとりこになる/Aに惹かれている」は、アリー・my ラブというドラマでよく耳にした表現です。
ジョンという準主役の風変わりな弁護士が、恋に落ちるたびに "I'm drawn to her."と言っていました。

この"drawn"は、動詞"draw"「(注意や興味)を引く、~をひきつける」の過去分詞が形容詞的に使われているものですが、発音も要注意の語です。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト

2007.12.02 | TOEIC 第135回 '07/11/25 | トラックバック(-) | コメント(1) |

TOEIC 第135回 2007年11月25日
(英文は実際使われたものとは少しずつ違います。問われているポイントはそのままです。)

リーディング「文法・語法」


難易度は標準

今回は副詞を選ぶ問題が多かったように思います。
基本的には、動詞を修飾するのは副詞、名詞を修飾するのは形容詞です。
more (clearly) のように、比較と組み合わさっている問題もありました。この場合、clearlerは典型的な誤答ですね。ここは確実に点を稼ぎたいところです。

【前置詞、接続詞】
comment (on) A: Aについてのコメント
※ 今回、commentは名詞として使われていました。

pay (for) A: Aの代金を支払う

(Despite) A: Aにもかかわらず

(by) A: Aまでに
※ Aは時間または日付だったように思います。

(at) the rate of A: Aの割合で 
※ 文脈は失念

(according to) A: Aによれば、Aにしたがって
※ According to Federal laws

(Since)
※ sinceは完了と共に「~以来」という意味で用いられるものが有名ですが、
今回は「~ので」という理由を表していました。


【語法・語彙】
(transform) A into B: AをBに変える

We are (delighted) that節. ~で光栄です。
※ delightfulは典型的な誤答。

A is delightfulは、「Aが(誰かにとって)喜ばしい」という意味になります。
自分がうれしいときはI’m delighted.となりますので、注意しましょう。


The paint will be (diluted) with water.
(固まった)絵の具は水で溶けるでしょう。

show a sign of (improvement): 好転のきざしを示す

commence on A(日付), and (terminate) on B(日付): Aに開始してBに終了する

I wonder if A will (ever) be completed. Aは本当に完成するのだろうか。
※ everは強調

observing consumers’ behavior from a (distance)
離れたところから顧客の行動を観察する

Is it (acceptable) for me to do~.
~してもいいですか。(私が~することは容認されますか。)

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2007.11.26 | TOEIC 第135回 '07/11/25 | トラックバック(-) | コメント(9) |

TOEIC 第135回 2007年11月25日
(英文は実際使われたものとは少しずつ違います。問われているポイントはそのままです。)

Part 2


不正解の選択肢に問いの疑問詞と答えが一致していないもはおきまりです。
“Where~?”と聞かれたら「場所」、 “How many times~?”と聞かれたら「回数」という風に、最初の語に神経を集中させ着実に点を稼いでください。当たり前のことのように聞こえますが、最初の語を聞き逃してポイントを落としてしまう方がやはり多いようです。

“Why~?” の疑問文はBecauseで答えると学校では習ったはずですが、実際の会話では省略されることも多いです。今回のTOEICでもWhyの疑問文にはBecauseが省略された形で答えていました。

また、応答文の後にat leastのような修飾語句が付いていることも多いので焦らないようにしましょう。

(例)How many people will attend the meeting? 何人会議に出席する?
   30, at least. 30人だね、少なくとも

at (the) least: 少なくとも、at most: 多くても、
at (the) latest: 遅くとも、at (the) earliest: 早くとも

これくらいは使えるようにしておくといいでしょう。

その他お決まりの表現。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2007.11.25 | TOEIC 第135回 '07/11/25 | トラックバック(-) | コメント(0) |

TOEIC 第135回 2007年11月25日
(英文は実際使われたものとは少しずつ違います。問われているポイントはそのままです。)

リスニング
難易度は標準~やや易?

英語のバラエティは男性が北米、オーストラリア、女性が北米、イギリスだったと思います。

Part 1

They are looking at a map [the computer screen/the window/pictures etc.].
(彼らは地図(コンピューターの画面/窓/絵など)を見ている)

※ look at Aは定番。Aに入るものが色々と変わるだけです。
"point at/to A" 「Aを指差す」も覚えておくとよいでしょう。

The woman is talking on the phone.
The woman is having a telephone conversation.
(女性は電話で話している)

※ make a phone call (to ~)「(~へ)電話をかける」、 pick up / lift the telephone「受話器をとる」も覚えておくとよいでしょう。

Some people are sitting around the table.
(人々がテーブルを囲んで座っている。)

※ aroundがポイント。

(続きを読む)

↓↓人気のある英語ブログ↓↓
e_03.gif にほんブログ村 英語ブログへ

2007.11.25 | TOEIC 第135回 '07/11/25 | トラックバック(-) | コメント(3) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。